家の模型

分譲マンションを購入し、早10年たちました


我が家が大阪に分譲マンションを購入し、早10年たちました。思い切って購入してよかったと思う点を以下に述べます。

(1)生活レベルが同じ世帯での暮らしなので安心感がある
マンションの購入価格帯から、ほぼ同じような収入、資産があり、生活レベルが似ている ご家庭が居住されていると思われます。マンションの規則を破り迷惑行為を行う方もいま せんし、子供同士、親同志のお付き合いも似たような環境なのでたいへんラクです。

(2)セキュリティがしっかりしている
オートロック、玄関やその他マンションの出入り口、エレベーターに防犯カメラが設置さ れていて、各戸防犯システム(セコム)も備えられていますので、毎日を安全に暮らせま す。

(3)建物の手入れが良い
共用部を毎日清掃してもらえる上、大規模な点検と清掃も定期的に行われているので、マ ンション内がいつもきれいに保たれています。植栽の手入れも定期的に行われており、外観の美化も保たれています。
賃貸マンションでは、ここまでのレベルで共用部をきれいに保つことは難しいと思います 。

(4)資産価値が下がっていない
新築マンションを購入し10年たちますが、売却される部屋の値段が購入時と同価格程度 を維持しており、資産価値が下がっていないようです。マンションの立地が良いことや住 みやすい間取り、また建物の手入れが行き届いていることが理由だと思います。

中心がリビングにあるという部屋は理想的ですが


現在大阪の賃貸マンションで暮らしているのですが、近いうちに引越しを考えています。その大きな理由は、近々義理の親と暮らすことになるからです。今の部屋の間取りは3LDK、夫婦二人住まいです。ですので、部屋数でいえば十分な広さではあるのえすが、問題はその部屋の配置なのです。
このマンションの部屋へ入居するときに、不動産業者からもいわれたのが、このマンションは昔ながらの部屋の配置になっているということです。つまり、家の中心にリビング=居間があり、全ての部屋はその部屋を通っていかないと行けないという構造になっているのです。その考え方から導き出される、家族の憩う場所が家の中心にあるということそのものはとても理想的だとは思います。けれど、義理の親が入るとなると、どこへ行くにも必ずリビングを通るということは、若干わずらわしくも感じるのです。それぞれで、パーソナルスペースを持っていたい、というのが正直なところなのです。
そういうわけで、言ってみれば今の時流に乗った、個室がそれぞれあってリビングもまたそのひとつである、という部屋が良いと思い、そういったところを探そうとしているところです。
家族の形態によって、適確であろう部屋の形も変わってくるのだなと思ったのでした。

中古の分譲マンションの特徴


大阪の分譲マンションに住んでいると、リフォームしませんかというチラシやマンション売却を考えてみませんかという広告を目にすることが多くあります。10年も同じマンションに住んでいると、いつの間にか住んでいる住人の顔が変わっていって、出て行く人もいれば入ってくる人もいて、入れ替わっているのです。
分譲マンションのニーズはエリアによると思いますがかなりあって、不動産の会社が積極的に売買していきたいという姿勢を出しています。分譲マンションの場合はリフォームすると比較的古いマンションであったとしても見違えるほどきれいになり、魅力的な部屋になっていきます。トイレやキッチンなどの水廻りは特にリフォームすることで快適な住まいに変わり、マンション探しをしている人たちにとっては購入してみたいなと思うような空間になるのです。中古マンションはリーズナブルな価格ででていることも多く、室内がよければ外観の少しの古さはそれほど気にならないものです。鉄筋コンクリート造であれば耐久性もありますので長く住むことが可能なのです。大阪の分譲マンションは自分の持家になるという面でやはり賃貸にはない魅力があり、生活する上での快適性や住み心地は実によいのです。

京都の【とこ都古】で京都着物レンタルをしませんか?約800着の着物が用意されているので、好みの着物が必ず見つかると思いますよ!

広さも間取りも文句なしと思ったのですが

お金と家

私は二年ほど前までは、私の住まいは実家で、かつ一人暮らしという特殊な事をしていましたが、実家を売却するという事で、急遽賃貸物件に引っ越す事になりました。最初は数ヶ月を覚悟していましたが、幸いにも一ヶ月ちょっとで新しい部屋を見つける事が出来ました。間取りは、1Kの24平米で、下見もしましたが、一人暮らしをするには十分なスペースだと感じました。窓も…

TOP